ファーガソン文書の漏洩:「ウイルス」は「花粉症」を再ブランド化したもの

コロナ

ロンドンのインペリアルカレッジを拠点とするニール・ファーガソン教授は、英国政府の在宅戦略の設計者の1人であり、同国のコロナウイルスの先頭に立っている緊急事態科学諮問グループ(SAGE)の著名なメンバーである。

ニールファーガソン教授は、1月22日にイギリスのロンドンで行われた記者会見で講演します。
https://edition.cnn.com/2020/05/05/uk/neil-ferguson-imperial-coronavirus-sage-gbr-intl/index.html

ファーガソン教授から極秘に送信されたメールがリークされ、ネットで広がっている。

https://files.constantcontact.com/daa02ded201/9556d7b6-e243-495e-8b0f-53095aa428ec.pdf

以下、和訳文を転載しておく。

To: Dr. Frank Atherton, Dr. Michael McBride, Dr. Susan Michie, Dr. Gregor Smith, Dr. Richard Taylor, Sir Patrick Vallance, Dr. Jonathan Van Tam, Chris Whitty

From: Neil M Ferguson

Date: 14th June 2021

件名 次の一手 – 英国の恒久的なロックダウン (私信 & 極秘)

英国のロックダウンを4週間延長するという首相の決定と発表が今日中に行われることになり、我々は次のステップのプロセスを最終的に決定するための比較的短い機会を得た。

すべてのことが軌道に乗り、私たち全員がこの背後にある共通の目的を思い出すことが極めて重要です。これまでも大変でしたし、これからも大変だと思いますが、私たちが団結し、正当な理由でこれを行っていることを国民の多くに納得してもらえれば、「計画」の第2段階に進むことができるでしょう。つまり、7月15日(木)から国を永久に封鎖する方向に進みます。その理由は、インドとネパールで新たに発生した「ウイルス」の「亜種」が急増していることですが、「ウイルス」は花粉症を再ブランド化したものに過ぎません。

このウイルスは、すでに当社にとって非常に有益で実り多いものであり、金銭的にも評判的にも、これ以上の利益を得ることは不可能です。しかし、この件に関しては、政府とメディアの両方から完全な協力を得なければならず、「夏を先に進めるのはリスクが大きすぎる」というセリフを使わなければならない。これらの「バリエーション」の増加を、例えば以下のように「モデル化」することができます。

反ロックダウン抗議活動(最近の出来事を考慮すると、これを推すのは素晴らしいことです

イングランドとスコットランドで開催される2021年のユーロサッカーの試合 夏の間に人口が増加する場所 – シーサイドリゾート(ブラックプール、ボーンマス、ブライトン、スキグネスなど)、テーマパーク(アルトン・タワーズ、ソープパーク、チェシントンワールド・オブ・アドベンチャーズなど)、田舎や「ツーリスト・トラップ」など。

もし、これらの「変種」が複数発生し、すぐに正しく対処しなければNHSを完全に崩壊させてしまうというメッセージを伝えることができれば、大衆はコンプライアンスを遵守し、大衆のコンプライアンスと疑うことのない性質は、私たちをゴールに導くために重要であり、それによって私たちは国を変えるための役割を果たしたことになります。その後は、カレルギーとWEF/シュワブの計画の一環として、環境と水不足(2022-23年)、食糧不足(2023-24年)、世界金融と大量インフレ(2024-25年)などの理由で、他の人々がロックダウンを行い、2025年に国連、WHO、WEF合同のグローバル・カレルギー・プランの最終決定を行うことになります。

これに対する抵抗があることは承知していますが、私たちはあらゆる抵抗を最小限に抑えるようにしなければなりません。私たちの行動を支持する人が70%以上いる一方で(YouGov社の調査による)、機会があれば私たちの行動を妨害しようとする、いわゆる「自由の擁護者」と呼ばれる筋金入りの人々がいます。新しい「GB News」チャンネルの開設は、この火に油を注ぐことになってしまいました。そこで私の計画は、私たちと私たちの活動を守るために、イギリスのソーシャルメディア企業に以下の手順を直ちに開始するよう、最大限の圧力をかけることです。

科学的コンセンサスに反するすべての投稿やユーザーをブロック/禁止/削除する ウェブサイトでは、上記のグループへのアクセスを制限/拒否し、「アカウント」の取り消しも行う 反ロックダウンの人々とそのグループリーダーは、その詳細を警察に転送され、憎悪、暴力、市民的不服従を扇動した罪で逮捕される(これについては、すでにコロナウイルス法2020で規定されている)。

自分や家族が予防接種を受けないことを公言している保護者に対しては、その子供や高齢者を家から永久に追い出す、あるいは所有権や権利に関係なく家から追い出すこと。

これらの提案は、「Combating Covid Disinformation 2021」と題して、ニック・クレッグ(Facebook)、ジャック・ドーシー(Twitter)、スーザン・ウォジッキ(YouTube)、サンダー・ピチャイ(Google/Alphabet)の各氏に送付済みです。また、首相はこの点について、反ロックダウン運動に対して、陸軍の出動や、来るべき7月のロックダウンの際に英国のすべての通りが厳しく厳格に取り締まられることなど、より強力なアクションを推し進めようとしていると理解しています。

また、電子タグのような役割を果たす「Stay At Homeブレスレット」をリリースする予定のSerco社から最新情報を入手しました。このブレスレットは、新しい5G技術と連動しており、「閉じ込められた空間」から外に出た場合、CCC(Central Command Centre)に通知され、5万ポンドの罰金から「無期限の拘留」までの処罰を受けることになります。このブレスレットは、8月にロンドン、バーミンガム、ノッティンガム、カーディフ、ベルファスト、スウォンジー、マンチェスター、ニューカッスル、グラスゴー、エディンバラ、リバプール、リーズ、シェフィールド、ノリッジ、ケンブリッジ、ヨーク、エクセター、カーライルの各都市で第1弾が導入され、翌月には第2弾、11月には第3弾が導入され、英国内の遠隔地やアクセスしにくい地域にも配布される予定です。遅くとも2021年12月1日までには、英国全土でこのブレスレットを装着し、作動させる予定です。

私たちに従うことに人々を慣れさせることで、英国にもたらされる新しい変化に対するあらゆる抵抗をなくすことができます。しかし、私たちは常に “国民の友人 “であるかのように、また、国民の利益を第一に考えているかのように見せなければなりません。私たちはメディアに、あまりにも多くの人々(一般的な死亡率よりも多い)が亡くなっているので、「常に家にいて、命を守り、NHSを救え」というメッセージを伝えなければなりません。科学者であると同時に、私たちはメディアとの良好な関係を維持し、できる限り「精通」していなければなりません。

新しい、あるいは追加の「亜種」に関しては、以下のプロトタイプについて皆さんのご意見を伺いたいと思います。

首都の「変種」(ロンドンを中心とした地域

ユーロ2020の試合に参加するアンチロックダウン・デモやサッカーファンは、肺、心臓、腎臓に問題を引き起こす、より攻撃的なバリアントの責任者とみなされます。これにより、7月15日(木)からロンドンが封鎖されることになります。

ボーンマスを中心としたドーセット・バリアント

ロンドンからボーンマスに旅行に来た人たちが、この地域に「Capital Variant」をもたらし、これが新たなバリアントに変異したため、7月19日(月)よりこの地域を封鎖する必要があります。

ボーダーバリアント(イングランドとスコットランドの国境を中心とした地域

この2つの国を行き来する人々が、2つの国に2つの異なる亜種を持ち込み、それが他の亜種と混ざり合って拡散・変異している。また、スコットランドで開催されるユーロ2020の試合に参加するサッカーファンにも影響を与えることができます。このため、7月2日(金)から両国間の輸送が禁止されます。

また、より多くの人にワクチンを接種してもらうために、グラクソ・スミスクライン(GSK)は、ジョンソン・エンド・ジョンソン、バイエルAG、サノフィ、メルク・アンド・カンパニーとともに、風邪、インフルエンザ、花粉症の薬の製造を中止することになっていますので、ご注意ください。Merck & Co. Ltd.などとともに、風邪やインフルエンザ、花粉症の薬の製造を7月初めに中止します。薬局では、これらの薬を販売することはできませんし、許されません。

私たちは、国民が喜んで従うことと、首相や大臣が私たちに従うことを期待しなければなりません。もし、これが崩れてしまったら、悲惨な結果になることは誰もが知っている。もし我々が多数派を操り続けることができれば、物事は非常に簡単になり、必要な余裕も生まれるだろう(例:従順であれば「真の愛国者」であると言える)。また、黒人やアジア人、「ゲイ・コミュニティ」などの特定のグループは、予防接種に関して無知で問題を抱えていますが、これらのグループを教育して、指示されたときに両方のワクチンを接種するように適合させることが必要です。

将来的に我々が起訴されないようにするためには、首相と我々が良好な関係を保ち、首相と他の政府閣僚が遵守することが必要です。首相は我々の影響力の大きさを知っているので、何よりもまず我々に拘束され、導かれているので、我々の思い通りにすることができます。しかし、データに従って国民のために最善を尽くしていると表明することで、文字通り「無罪放免」のカードを手にしたことになります。高齢者へのミダゾラム投与のように、その路線が継続して出され、信じられている限り、私たちは問題ないし、非難されることもないでしょう。

最後になりましたが、これからの数週間はこの調子で、あなたが米国の利益のためだけに行動していると見られるようにしましょう。

ウィルス」との戦いにおいて、英国の利益のためだけに行動していると思われるようにしましょう。

基本的なセキュリティ」を忘れてはいけません。国民が知らないことは彼らを傷つけることはありません。これまで同様、この情報を受け取ったことについては、たとえ知り合いに嘘をついてでも否定してください。

※引用ここまで

コロナワクチンの危険性を1冊にまとめ上げました

コロナワクチンは本当に安全なのか?

テレビ報道が全く真実を報道しない昨今、ワクチンに関する正確な情報を集めるのが困難になってしまいました。

そこで金子がワクチンの安全性について徹底的にリサーチし、4万字のレポートにまとめ上げました。

身近な人の健康を守りたい方は、ぜひレポートの詳細をチェックしてみてください。

※今だけ96%OFFで販売中!

コロナ
金子吉友をフォローする
金子吉友・公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました