満たされた人生を創造する3つの要素

♣️考え方

今から10年前、

起業して数年で順調に事業が拡大し、

収入も劇的に増えた時期がありました。

 

 

経済的には余裕がありましたし、

はたから見ればうらやましい生活を

送っていたのかもしれません。

 

 

しかし、ぼくの心は

満たされるどころか、

かえって空虚さや欠乏感を

感じてさえいました。

 

 

安心どころか、

怖れを感じていました。

 

 

今はうまくいっているけれど、

油断すれば売り上げが

下がってるしまうかもしれない・・・

 

 

周りの起業家に負けないように

もっと頑張らなければ・・・

 

 

常にそんな怖れや不安、

焦りや周りへの嫉妬心でいっぱいだったのです。

 

 

 

満たされた人生とはなんだろう・・・

 

 

この問いは

その頃から僕の大きなテーマとなりました。

 

 

 

 

満たされた人生を創造するためには

3つの要素があります。

 

 

1つは、感謝です。

 

 

感謝とは、なにごとも

ありがたいと感じる心のこと。

 

 

人生がうまく行っているとき

というのは、心の余裕も持てるし、

なにごとにも自然と

ありがたいと感じることができます。

 

 

しかし、

つらいことや悲しいことが起こったとき、

人生がうまく行っていないとき、

なかなかありがたいと感じることは

とたんに難しくなってしまうもの。

 

 

そんなときにでも、

今の状況を悲観せず、

肯定的に受け止め、

 

「それでも自分の人生は恵まれているのだ」

と感謝の気持ちを持つことができると

人生どんなときでも満たされた状態で

いることができます。

 

 

 

 

満たされる人生をつくるための

2つめの要素は、

他人にも自分にも寛容であること。

 

 

ひとに対して、

うらみつらみを持って生きると、

その相手に対して、

負のエネルギーを持ち続けて

生きることになります。

 

 

許せない相手を許せる

寛容さを持てると、

苦しい人生から解放されます。

 

 

また、自分に対しても

寛容であれるかどうかも大事。

 

 

ひとは自分に対して

厳格で批判的でいると、

つい自分を裁きがちとなり、

自己否定感が強くなります。

 

 

自分に寛容でいられるようになると、

自分を裁くことも、

自己否定感もなくなって

生きることが楽になります。

 

 

 

そして、3つ目の要素は、

歓喜です。

 

 

歓喜とは、

喜びにあふれた感情のこと。

 

 

仕事でも、

子育てでも、

趣味でも、

自分の心が華やぎ、

喜びあふれる瞬間を

たくさん持てれば持てるほど

 

人生は豊かになり、

満たされた人生を

送ることができます。

 

 

僕の場合は、

魂が震えるような

感動する作品に出会うことが

なによりも歓喜の瞬間です。

 

 

先日行ったスペインの旅では、

プラド美術館で

天才たちの作品に触れ、

「神の仕事を見た」

そう感じました。

 

 

あまりの迫力とあまりの美しさのため

興奮し感極まりその場に呆然と

立ち尽くしてしまったほど。

 

 

そんな感動の瞬間に立ち会えることが

僕にとってはなによりの歓喜を

感じることできるとき。

 

 

喜びあふれる人生は、

満たされた人生をつくるために

本当に大切だと思いますよね。

 

 

 

感謝

寛容

歓喜

 

 

この3つのカンは、

満たされた人生をつくるために

欠かせない要素。

 

 

人生がうまくいっていないな・・・

 

そう感じたら、

この3つの要素を思い出してみてください。

 

 

 

今日もお読みいただき

ありがとうございました。

 

金子

 

 

 

追伸

 

先日書いたこちらの記事、

意外と反響があったみたいなので、

まだでしたらあわせて読んでみてください。

 

現代人は進化どころか退化している。

コロナワクチンの危険性を1冊にまとめ上げました

コロナワクチンは本当に安全なのか?

テレビ報道が全く真実を報道しない昨今、ワクチンに関する正確な情報を集めるのが困難になってしまいました。

そこで金子がワクチンの安全性について徹底的にリサーチし、4万字のレポートにまとめ上げました。

身近な人の健康を守りたい方は、ぜひレポートの詳細をチェックしてみてください。

※今だけ96%OFFで販売中!

♣️考え方
金子吉友をフォローする
金子吉友・公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました